« 最後の愛知万博 | トップページ | 掲示板あれこれ(1) »

2005年9月13日 (火)

対決? 常磐線vsTX

8月24日、待望の首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス 以下TXと略)が開業しました。それに対抗するかのようにJR東日本では、7月8日のダイヤ改正で常磐線に、新型車両E531系を先行投入。日中は、上野-土浦間で、特別快速で走っていて、土浦まで1時間を切っています。青春18きっぷが余っていたので、使用期限の10日に両方を乗車してみました(画像と文章が多くなりますが、その点ご了承下さい)

まずは常磐線からスタートすることにしました。上野を10時10分に発車する特別快速に乗り、途中の佐貫まで行くことにしました。PICT0233

E531系(上野)

日暮里に着くと車掌が「次は松戸まで停車致しません」のアナウンスを連呼。北千住には止まらないのです。誤乗を防ぐ為でしょうか。南千住を過ぎてから隅田川橋梁に差し掛かった所で、TXの線路が隣に添う形で並びました。車内は日中と土曜日が重なった為か閑散。クロスシート1ボックスを占拠していました。

ほどなくして佐貫着。途中下車して、関東鉄道竜ヶ崎線に乗車しました。時間があるので、駅前のパン屋で遅めの朝食タイム。列車が到着しても、新しい形の列車です。関東鉄道も、新旧の交代が進んでいるのでしょう。PICT0236

関東鉄道 2000系(佐貫)

途中駅は、無人駅の入地駅のみ。乗客はほとんど地元のお年寄りと学生が多かったです。5分程して竜ヶ崎着。竜ヶ崎の自動券売機のうち1台は、JR乗り換えを考慮して、タッチパネル式の券売機でした。佐貫に戻り、次の特別快速に乗車。今度は前展望を楽しみました。土浦まではほぼ直線。この電車の最高時速、130km/hを連発。土浦到着後、すぐに電流線に入りました。3分後に到着する、フレッシュひたち21号が来るためです。PICT0252

フレッシュひたち21号(土浦)

土浦までは車掌が4人乗務。うち1人は女性車掌でした。ここでJRとはお別れ。駅前から関東鉄道バスに乗車。TXつくば駅の最寄りのバス停、つくばセンターまで乗車しました。つくばセンターまでは約30分程。かなりの旧式のバスで、懐かしい雰囲気でした。つくばセンターに到着すると目についたのが、JRのみどりの窓口がありました。東京駅行のJRバス「つくば号」の乗車券売り場を兼ねているためです。TXとの競合はもしかすると、常磐線よりバスなのかもしれません。PICT0258

TXつくば駅への入口

いよいよTXのつくば駅に入りました。つくば駅は地下。開業記念のパスネットは開業日に完売したので、自動券売機の路線図入りパスネットを記念に購入しました。ホームに入ると、快速・区間快速秋葉原行が並んで止まっており、どちらも座れない状態でした。しかも、駅がホームドア方式のため、電車が止まっている状態だと、写真が撮れません。1時間位休憩することにしました。でも、快速・区間快速ともに、30分間隔の運転。のんびりしています。14時11分発の快速秋葉原行に乗車。開業ヘッドマークをつけた車両でした。PICT0270

TX-2000系(つくば)

土曜日とあってかなりの乗客でした。早速4号車のクロスシートに乗車。E531系に比べるとシートは固いですが、乗車時間を考えると丁度いいのかもしれません。いよいよ秋葉原に向け発車。丁度ジェットコースターの発進時のような感覚でした。次の停車駅は、車両基地のある守谷。快調にスピードを飛ばしていきます。みらい平-守谷間には交流・直流区間を変えるデットセクション区間がありますが、問題なく通過。守谷を過ぎるとほどなく、利根川橋梁を渡ります。道路側を見ると、JRバス関東の東京駅行「つくば号」と併走。あっさりこちら側が抜いて行きました。千葉県に入ると今までの田園地帯から住宅の多い地帯に入って来ました。北千住に着き、半分ほどの乗客が入れ替わりました。でも新しい路線のため、JR・東武・東京メトロの駅が見えない所にあります。乗り換え時間がかかりそうです。ここから秋葉原までは各駅停車。各駅とも接続している路線がありますが、問題は浅草。東武・東京メトロ・都営の浅草までは、徒歩で10分ほどかかるとか。駅構内の案内図もありません。このような状態だったら、快速のみ北千住-秋葉原間は通過扱いしてもいいような気がしますが…

秋葉原に着くと、5分後に折り返してつくばへ向かって行きました。やはり都心ですね。直流区間のみを走るTX-1000系を撮影した後、下車しました。PICT0277

TX-1000系(秋葉原)

エスカレーターで改札口を出ると、切符売場の狭いこと。自動券売機も少ないです。PICT0281

切符売場(秋葉原)

秋葉原に着いたのが15時過ぎでこのような状態です。回数券を買う人の姿もありました。駅員が1,000円のパスネットを売る光景も見られました。これが夕方を過ぎると、どのような状態になるか心配です。開業初日は改札制限もしたとか。16日には、「日本最大級の売場面積」とうたっている、ヨドバシカメラAKIBA店もオープン。TXの改札口からも直結しているので、どうなるか心配です。

まだ開業したばかりのTXですが、これからのJR・バスとの競合路線には間違いなくなっていくと思います。定時制の関係もあります。これからのTXが楽しみです。今度は、行きはバス、帰りはTXで帰ってみようと思います。

|

« 最後の愛知万博 | トップページ | 掲示板あれこれ(1) »

コメント

TXと常磐線の対決。なかなか興味あるネタですね。常磐線は、TXに先手を打つ形で特別快速を登場させ、土浦との距離がグッと縮まったように感じます。

関東鉄道龍ヶ崎線ですが、現在走っているキハ2000形は、龍ヶ崎線3駅のホームが全て南側にしかないと言うことで、運転台も南側だけに統一されているようです。従って、上下のどちらかの列車は、通常の車両とは逆向きとなる右側に運転台があるようになる特別仕様車となっています。

投稿: TOMO | 2005年9月13日 (火) 23時39分

 お久しぶりです。その後お母様の容態はいかがでしょうか?早く良くなられるといいですね。
 ところで、私が夏に訪れた時、開通数日前で、乗車はできませんでしたが、このTXと常磐線、一体どっちに軍配が挙がっているんでしょうか?相変わらず常磐線の殺人ラッシュは続いているんでしょうか?気になるところです。

投稿: 痛勤形酷電 | 2005年11月24日 (木) 22時20分

こんばんは。返信遅れて申し訳ありませんでした。母ですが、少しずつですが良くなってきているみたいです。でも、年のせいか、歩く姿を見ていると「辛そうだな」って思う時が何度でもあります。一日でも早い全快を祈りたいです。

TXですが、鉄道ダイヤ情報8月号に特集としてかなりのページを割いているので、目を通されて見てはいかがでしょうか? TXも将来的には、今の6両編成から、8両編成に増結も可能ですが、今の沿線開発を見ると、当分6両編成で済みそうですね。常磐線は、土浦での乗降客が多いみたいです。JRとTXは路線が違うので、朝の常磐線は混雑しているのでしょうか? でもこれから、E531系の増備で、少しは楽になると思いますが、どうでしょうね。

投稿: ミッチー | 2005年12月14日 (水) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99378/5926671

この記事へのトラックバック一覧です: 対決? 常磐線vsTX:

» 祝!つくばエクスプレス開業 [TOMOの鉄日誌]
8月24日、東京の秋葉原と茨城県のつくばを結ぶ新路線、つくばエクスプレス(TX) [続きを読む]

受信: 2005年9月13日 (火) 23時13分

« 最後の愛知万博 | トップページ | 掲示板あれこれ(1) »