« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

ありがとう 富山港線

2月28日(火)、JR西日本 富山港線が廃止され、4月29(土)から富山ライトレールに転換されることは、ご承知の方も多いと思います。昨日、富山港線に乗車・撮影してきたので、レポートします(画像が多くなりますが、ご了承下さい)

行きは、上野からの北陸に乗車しました。奮発して、シングルデラックスに乗車。お酒の勢いもあって、大宮から長岡まで熟睡していました。PICT0027

北陸号(上野)

長岡に着いたのが午前2時半過ぎ。方向転換した後、富山までまた熟睡していました。富山で降りると、まだ富山港線は動いていないので、金沢まで行って、折り返し、北越1号で富山に戻りました。富山で5分の待ち合わせで、接続。475系の全面には、惜別ヘッドマークが付いていました。PICT0044

惜別ヘッドマーク(475系に装着)

とりあえず、終点の岩瀬浜まで乗車することにしました。富山港線に乗ったのは、実に14年振りのこと。でも周りの風景は、当時と変わっていませんでした。電車もゆっくりとしたスピードで走っていて、ローカル線ムード一杯です。折り返しの時間まで随分とあるので、駅前を散策。自動車が通っているだけで、何もありませんでした。でも、ライトレールの電停の工事は進んでいました。PICT0065

岩瀬浜駅(左側がライトレールの電停になる場所です)PICT0062

475系(岩瀬浜)

折り返し、富山口まで行くことにしました。ここは、ライトレール化になると、廃線になる場所なので、降りることにしました。PICT0051

富山口駅

本当に、何もない駅です。反対側には、北陸本線と富山地方鉄道の線路が見えるだけです。PICT0058

富山口に入線する岩瀬浜行列車

もう一度、岩瀬浜まで行くことにしました。その前に唯一交換設備のある、城川原で、475系の並びを撮影しました。PICT0061

475系同士の並び(城川原)

岩瀬浜に着くと、車掌から乗車券を買う人がいたので、私も購入。そうしたら車掌氏曰く、「オレンジカードがあるよ」と言われ、即購入。「ありがとう 富山港線」のカード3枚(台紙付き)と、「サンダーバード10周年」(ボンネット雷鳥と681系)各1枚購入しました。台紙には、富山港線の全駅舎と(富山を除く)富山港線のあゆみが書かれた台紙でした。車掌からも楽しい話が聞けて、あっという間に時間が過ぎました。これで、富山港線の岩瀬浜とはお別れ。城川原に向かいました。城川原では、キハ120と交換があるので、暫く駅周辺を観察。駅の隣には車両基地が急ピッチで工事が進んでいました。そして、キハ120が来ました。PICT0074

475系とキハ120の交換風景(城川原)

これで、富山港線内の撮影は終了。はくたか9号に乗る前に、富山駅北口を見てきました。PICT0079

富山駅北口

まだ、ライトレールの工事は始まっていません。どの辺りに電停が作られてるのでしょうか。

最後に、475系の1本が中線に入ったので撮影。PICT0084

475系(富山)

これで、富山港線関連の撮影は終了。はくたか9号とMaxとき324号で帰京しました。

富山港線も廃止まであと3日。無事に運転終了を迎えて欲しいものです。ライトレール化になった際にはまた、富山を訪ねてみたいと思います。

ありがとう、富山港線…

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006年2月10日 (金)

06系 初乗車!

2日(木)の話です。

岩本町(秋葉原)から神保町・表参道経由明治神宮前まで、地下鉄に乗っていた時です。原宿の模型店がお昼の開店のため、表参道で時間つぶしに、千代田線の観察を少ししていました。滅多に乗らない千代田線なので、「06系でも来ないかな?」と思っていたら、あらら、来てしまいました06系!(我孫子行)先頭車に乗り込み、一つ先の乃木坂まで行って見ましたPICT0026 (着いて急いでデジカメを出したのでピンボケはご容赦下さい)

06系 我孫子行(乃木坂)

あまりにもの出来事に車内観察など全くしていません。06系は、千代田線で1編成しかないので、超ラッキーでした。乃木坂から表参道へ戻る際、今度は、JRの207系900番台(綾瀬行)と車内で遭遇。こちらも、試作車のみなので、見られるだけでも超ラッキーでした。こんな事もあるものですね。

あと、岩本町の構内で、こんなものを見つけました。

PICT0025

スタンプコーナー(岩本町)

浅草線と三田線の車両は既に引退していますので、今では貴重ですね。

この日は、ラッキーな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »