« 06系 初乗車! | トップページ | 3月13日という日… »

2006年2月25日 (土)

ありがとう 富山港線

2月28日(火)、JR西日本 富山港線が廃止され、4月29(土)から富山ライトレールに転換されることは、ご承知の方も多いと思います。昨日、富山港線に乗車・撮影してきたので、レポートします(画像が多くなりますが、ご了承下さい)

行きは、上野からの北陸に乗車しました。奮発して、シングルデラックスに乗車。お酒の勢いもあって、大宮から長岡まで熟睡していました。PICT0027

北陸号(上野)

長岡に着いたのが午前2時半過ぎ。方向転換した後、富山までまた熟睡していました。富山で降りると、まだ富山港線は動いていないので、金沢まで行って、折り返し、北越1号で富山に戻りました。富山で5分の待ち合わせで、接続。475系の全面には、惜別ヘッドマークが付いていました。PICT0044

惜別ヘッドマーク(475系に装着)

とりあえず、終点の岩瀬浜まで乗車することにしました。富山港線に乗ったのは、実に14年振りのこと。でも周りの風景は、当時と変わっていませんでした。電車もゆっくりとしたスピードで走っていて、ローカル線ムード一杯です。折り返しの時間まで随分とあるので、駅前を散策。自動車が通っているだけで、何もありませんでした。でも、ライトレールの電停の工事は進んでいました。PICT0065

岩瀬浜駅(左側がライトレールの電停になる場所です)PICT0062

475系(岩瀬浜)

折り返し、富山口まで行くことにしました。ここは、ライトレール化になると、廃線になる場所なので、降りることにしました。PICT0051

富山口駅

本当に、何もない駅です。反対側には、北陸本線と富山地方鉄道の線路が見えるだけです。PICT0058

富山口に入線する岩瀬浜行列車

もう一度、岩瀬浜まで行くことにしました。その前に唯一交換設備のある、城川原で、475系の並びを撮影しました。PICT0061

475系同士の並び(城川原)

岩瀬浜に着くと、車掌から乗車券を買う人がいたので、私も購入。そうしたら車掌氏曰く、「オレンジカードがあるよ」と言われ、即購入。「ありがとう 富山港線」のカード3枚(台紙付き)と、「サンダーバード10周年」(ボンネット雷鳥と681系)各1枚購入しました。台紙には、富山港線の全駅舎と(富山を除く)富山港線のあゆみが書かれた台紙でした。車掌からも楽しい話が聞けて、あっという間に時間が過ぎました。これで、富山港線の岩瀬浜とはお別れ。城川原に向かいました。城川原では、キハ120と交換があるので、暫く駅周辺を観察。駅の隣には車両基地が急ピッチで工事が進んでいました。そして、キハ120が来ました。PICT0074

475系とキハ120の交換風景(城川原)

これで、富山港線内の撮影は終了。はくたか9号に乗る前に、富山駅北口を見てきました。PICT0079

富山駅北口

まだ、ライトレールの工事は始まっていません。どの辺りに電停が作られてるのでしょうか。

最後に、475系の1本が中線に入ったので撮影。PICT0084

475系(富山)

これで、富山港線関連の撮影は終了。はくたか9号とMaxとき324号で帰京しました。

富山港線も廃止まであと3日。無事に運転終了を迎えて欲しいものです。ライトレール化になった際にはまた、富山を訪ねてみたいと思います。

ありがとう、富山港線…

|

« 06系 初乗車! | トップページ | 3月13日という日… »

コメント

 お久しぶりです。トラバありがとうございました。
 富山港線は、年末に行ったっきりですが、最近行った連れの話を聞くと、凄い人出だそうで・・・ラストサンデーの明日26日は、イベント盛り沢山ですので、事故の無いように願いたいものです。
 ちなみに富山口駅ですが、一体どれほどの乗降客数なんでしょうか?富山駅のホントに目と鼻の先。運行本数を考えると、歩いた方が早いことの方が多いと思います。
「それは若い奴だけで、お年寄りや障害者の方は・・・」とお考えの方もいらっしゃるでしょうが、富山駅の構造上、改札から富山港線ホームまで長い階段が多く、お年寄り等でも富山口駅まで歩いた方が早くて楽な可能性が大きいと思うからです。
まあ、これも頻発運転で低床車のLRTになれば変わる話なんでしょうが、タクシーで下奥井駅へ向かう途中に見た、電停の工事を見る限りでは結構離れている様に感じたので富山口駅の乗降客数がどれほどのものか想像には難くありませんが・・・
 話は変わりますが、画像3枚目を拝見し、停車している列車を海側から眺めることが出来なくなっていることに気付きました。最終日を待たずに、夜の帳が下りたあの何ともいえない郷愁を誘う風景を見られないのは、非常に残念でなりません。大して大規模な工事でもなさそうなのに、廃止後に作業に掛かれなかったんでしょうか?
 明日何も知らずに訪れた方は、きっと落胆される方が多いでしょうね・・・残念です。

投稿: 痛勤形酷電 | 2006年2月25日 (土) 15時26分

遠征お疲れ様でした。

スケジュール的には結構ハードだったようですが、本編の内容から、遠征は成功だったと伝わってきます。特に、城川原での交換シーンはよく撮れています。私はキハ120との交換シーンをとるのを忘れてしまったのが心残りです。

さて、先程入手した情報によると、本日は全列車が475系での運転だとか。となると、明日も同様の措置が考えられますので、キハ120は最終日を前にして、ひっそりと富山港線から姿を消したことになりそうです。

投稿: TOMO | 2006年2月25日 (土) 15時35分

〉痛勤形酷電さん

本当に、富山口は誰も乗降客がありませんでした。駅の周りを見ると、反対側(南口でしょうか?)に通じる地下通路しかありませんでした。これを撮影したのは、朝の8時半頃。下りは高校生の乗客、上りは、富山に向かう通勤客で一杯でした。マニアの人も車内で何回も見ましたが、富山口で降りる人は皆無でした。朝でこうですから、日中でも皆無に等しいのでしょう。何か寂しいものを感じました。

〉TOMOさん

天候的には、恵まれたような気がします。キハ120との交換も、富山けいりんが開催されていたため、475系の列車が1往復増発されていたので、運が良かったです。事情で、夜の富山港線を撮影するのは無理でしたが、撮影はうまくいったような気がします。富山港線も、今日で廃止。無事に最終電車が走ってほしいものです。

投稿: ミッチー | 2006年2月28日 (火) 16時45分

こん××わ。お初です。トラックバックどうもです。

実は私も、ご存じの通り富山に行っていました。ミッチーさんも富山に向かうと、TOMOさんから話を聞いておりました。どうやら自分と入れ違いだったようですね。それにしても天気が良かったようでうらやましい限りです。

いよいよあとわずかで廃止ですね。

投稿: ちろ | 2006年2月28日 (火) 21時01分

ちろさん、はじめまして。私と入れ違いに富山に行かれましたか? 会えなくて残念でした。富山港線も廃止になりました。2ヶ月後、LRTになった際には、どういった姿で現れるのでしょうか? 機会があれば、また富山を訪れたいと思っています。

投稿: ミッチー | 2006年3月 2日 (木) 16時56分

ミッチーさん。どうもです。

春になったらLRTに乗りに行こうと思っていますが、神岡鉄道が12月に廃止になるようなので、こちらにもあわせて乗りに行かねばと思っています。

投稿: ちろ | 2006年3月 2日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99378/8827890

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう 富山港線:

» 北陸地方撮影遠征記5 [痛勤形酷電どっと混む!]
いよいよこの遠征記も最終章となりました。 この日は、少し早く5時頃に目覚め、まず [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 14時56分

» 惜別 JR富山港線 [Kaz-Tの鉄道趣味で今日も行く]
昨日の金曜日はお休みをいただきました。そこで今回は、まもなくJR線として営業を終 [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 20時21分

» 富山港線へ [ちろログ]
高岡から富山に戻り、夕方の電車運行一発目となる列車に乗車する。この列車は前後共に [続きを読む]

受信: 2006年2月28日 (火) 21時03分

« 06系 初乗車! | トップページ | 3月13日という日… »