« 3月13日という日… | トップページ | プロ野球 パリーグ開幕! »

2006年3月21日 (火)

土・日きっぷで新幹線三昧

3月11日と12日、JR東日本が発売している、土・日きっぷで小旅行をしてきました。そのレポートです。

東京駅の新幹線ホームに着くと、発車案内のLEDが、フルカラーになっていました。PICT0103

フルカラーLED(東京)

以前は、20番線と21番線を上越新幹線と長野新幹線、22番線と23番線を東北・山形・秋田新幹線のホームでしたが、昨年12月10日のダイヤ改正で、路線とは関係なくホームを使っています。まずは、Maxとき313号(E4系)に乗車。この列車は、東京を出ると、新潟まで停まりません。始発駅から終点まで停まらない新幹線だと、上越新幹線の1往復と、九州新幹線の1往復しかありません。上毛高原を過ぎ、新清水トンネルを抜けると、さすがに雪が積もっていました。約1時間半で新潟着。1月から、Suicaが使えるようになったので、記念に入金しておきました。折り返しの時間があるので、ホームで観察していると、今では珍しい、200系緑帯の車両が来ました。PICT0108

200系(新潟)

塗装も綺麗でした。まだ使うのでしょうか?

反対側のホームには、Maxとき324号(E4系)が入線。この列車は先月、越後湯沢から乗車した列車です。案の定、長岡では乗降客がまばらでしたが、越後湯沢では、大量の乗車。私の席の隣も埋まりました。今回は東京まで戻るのではなく、大宮で下車。はやて・こまち21号に乗るために約40分位休憩です。PICT0110

こまち21号(大宮)

大宮から仙台まで約1時間20分。早くなったものです。

仙台で降りると、迷わず「牛タン通り」へ向かいました。そこにある「利休」というお店があり、夕方前なのに店内は混雑していました。

PICT0111 牛タン1.5人前の料理

牛タンも手頃な硬さで、美味しかったです。食事の後、Suicaに入金後、福島にいる父の友人宅へ向かいました。ここが今日の宿です。その前に、はやて・こまち22号が福島を通過するので、見ていました。PICT0113

はやて・こまち22号(福島)

さすがにデジカメでの撮影は、これが限度でしょう。

翌12日、再び仙台に戻りました。今度は、200系リニューアル車がやってきました。PICT0117

やまびこ205号(仙台)

この列車、白石蔵王を除き、各駅停車で来た列車です。

ここで、私の携帯が鳴りました。母からでした。体調が悪いので、早く帰ってきてほしいとの事。仙台観光は次回にして、はやて・こまち10号(こまち10号に乗車)で帰ることにしました。帰りの列車の中でも、牛タン弁当(みそ味)です。紐を引くと、弁当が温まるように出来ています。PICT0123

牛タン弁当(伯養軒のもの)

食事をしながら景色を見ていると、時間が早く流れますね。私は大宮で下車。自宅に戻りました。

今度は、在来線の旅をしたいと思っています。

|

« 3月13日という日… | トップページ | プロ野球 パリーグ開幕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99378/9184536

この記事へのトラックバック一覧です: 土・日きっぷで新幹線三昧:

« 3月13日という日… | トップページ | プロ野球 パリーグ開幕! »