« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月14日 (金)

北海道ちほく高原鉄道に乗る

みなさん、こんばんは。ブログ開設1周年記念として、今月20日(木)に廃止される、北海道ちほく高原鉄道に一昨日乗車してきました。そのレポートです。

実はこの企画、先月行うつもりでした。帯広まで飛行機、帯広→池田→北見→網走と進み、流氷観光と釧網本線北浜駅内の「停車場」で、オホーツクラーメンを食べてから、女満別より帰京にする予定でした。でも、体調を崩し、この企画を北見止まりとすることにしました。

まず所沢から空港連絡バスで羽田へ。待合室にいると、妙なアナウンスが流れました。私の搭乗する飛行機は、帯広空港天候不良のため、着陸出来ない場合は、新千歳に向かうか、羽田に引き返すとのこと。困りました。新千歳なら池田まで間に合う時間ですが(JRの運賃・料金はJALが負担)、羽田に戻ると意味がありません。搭乗中も、操縦士のアナウンスで同じことを言っていましたが、見事定時に帯広着。安心しました。空港から約40分で帯広駅着。でも、発車時刻表を見ると、こんな表示が…Pict0133

帯広駅の発車時刻表

上りがすべて特急です。さすが北海道ですね。帯広から池田まで、スーパーおおぞら3号に乗車。約10分の接続で、陸別行に乗車。北見まで140.0kmの長い旅が始まりました。Pict0141_1

池田駅の駅名標

陸別まで約2時間。お昼を過ぎても、高校生の姿が見えません。きっと、新学期に入ったからでしょう。車内は、地元の人とマニアの人ではっきりと区別出来ます。陸別に着くと折り返し池田行きになって行ってしまいました。困ったのは、次の快速銀河まで2時間半も待たなければいけません。しかも駅周辺は食べ物屋もなく、あるのは郵便局のみ。記念に旅行貯金をしておきました。Pict0150_1

陸別駅の時刻表

これじゃ、廃止も仕方ないのでしょうか。

やっと、快速銀河が到着。でも、CR70型ディーゼルカー1両のみです。しかも、帯広から来ているので、車内は超満員。置戸で途中下車することにしました。

Pict0157_1 快速 銀河号(置戸)

困ったのが、この快速の発車する時間にきっぷ売場が、閉まってしまいました。入場券が買えなくなってしまいました。陸別で入場券と、記念のDVDを買ったのはいいのですが、こんな時間に窓口が閉まるとは、考えても見ませんでした。次の北見行まで1時間近くあるので、駅舎内を見ると、いろんな人が惜別のメッセージを書いているポスターを見かけました。これは、置戸町商工会の企画らしく、廃止後も保存するとのことです。さて、次の北見行は、ここで池田行(最終列車)と切り離しをします。運が良く、CR75型が来てくれました。松本零士氏デザインの車両です。Pict0162

池田行(最終列車)

乗車は出来ませんでしたが、出会えただけでラッキーでした。置戸からは高校生が乗車。賑やかな声が車内に響きます。ほどなくして、北見着。6時間かけた鉄路の旅が終わりました。Pict0164

北見駅の駅名標

駅舎側のJRのホームには、札幌行の最終、オホーツク8号に乗る人でいっぱいでした。先月18日のJRダイヤ改正で、夜行で運転されたオホーツクは、流氷シーズンのみの運転となりました。なので、この列車に乗らないと、札幌まで帰れなくなります。私はこの列車を見送ってホテルに入りました。

翌13日。女満別空港行の連絡バスが出る前に、北海道ちほく高原鉄道の本社を訪れました。話を聞くと、20日の廃止以後も2年間は、残務処理などで本社は残るそうです。そして私は、北海道とお別れしました。

約18年の間、本当にお疲れ様でした。21日からは、陸別を起点として、陸別-北見間は北見バス、陸別-池田間は十勝バスでの運行となるそうです。鉄道がなくなるのは本当に寂しいですね。でも、陸別商工会では、鉄道の廃止以後も、陸別-川上間(9.8km)での動態保存を考案中とのことです。詳しくは、陸別商工会までどうぞ。以上、廃止一週間前のレポートでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

ブログ始めて一周年

みなさん、平素は当サイト「ミッチーの気分はさくらいろ」をご覧頂きまして、ありがとうございます。今日4月13日で、ブログを始めて一周年になりました。一年経ちましたが、不慣れな所もあり、更新もうまく出来ず、みなさまにはご迷惑をおかけしています。これからも、いい内容のブログにしたいと思っているので、マイペースで更新を続けていきます。どうか、ご了解下さい。

ブログ一周年記念(?)として、昨日、今月20日に廃止される、北海道ちほく高原鉄道に乗って来ましたので、そのレポートを近々お送りしたいと思います。

これからも、長いお付き合いをお願いいたします。

管理人 ミッチー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

一年で一番悲しい日…

今日は、4月8日。宗教によっては「花まつり」で賑わう日なのですが、私にとっては、とても悲しい日です。歌手・岡田有希子(本名:佐藤佳代)さんの命日です。今日で20回目の命日。早いものです。多分今日は土曜日なので、事故現場やお墓には、一杯のファンの人達が訪れていると思います。彼女に対しては、とても憧れていました。丁度私は中3で、新しい友達から彼女の話を聞きました。4月21日、彼女のファースト・シングル「ファースト・デイト」が発売された日、学校が終わると急いで所沢のレコード店に行って買いに行ったものです。7月には京王帝都電鉄(現:京王電鉄)の臨時列車「リトル・プリンセス号」(6000系を使用)が、新宿から京王よみうりランドまで運転され、新宿まで行きました。10月には、池袋・サンシャインシティでの新曲発表会に参加。初めて彼女と話す機会がありました。受験生ということも忘れ、彼女に熱中していました(もちろん、志望校には合格しましたが…)彼女の訃報はきっと「笑っていいとも」の放送中でのテロップで知った人も多くいると思います。ここで「事件」を語ることは控えたいと思いますが、12年前に彼女のお墓参りを初めてした時、沢山のノートに、彼女に対する明るいメッセージが添えてあり、とても安心しました。しかも、数年前に彼女の全曲(未発表曲を含む)が入ったCD・DVDが発売され、即完売。私も3つ買うのに一苦労でした。同時に、写真集も発売されました。もう二度と出ないわけで、貴重なものとなりました。まだ今年はお墓参りには行っていませんが、早いうちに行きたいと思います。彼女の明るさ・優しさに感謝したいと思います。

安らかに ユッコ…

| | コメント (3) | トラックバック (3)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »