« ブログ始めて一周年 | トップページ | 日光・鬼怒川を訪ねて… »

2006年4月14日 (金)

北海道ちほく高原鉄道に乗る

みなさん、こんばんは。ブログ開設1周年記念として、今月20日(木)に廃止される、北海道ちほく高原鉄道に一昨日乗車してきました。そのレポートです。

実はこの企画、先月行うつもりでした。帯広まで飛行機、帯広→池田→北見→網走と進み、流氷観光と釧網本線北浜駅内の「停車場」で、オホーツクラーメンを食べてから、女満別より帰京にする予定でした。でも、体調を崩し、この企画を北見止まりとすることにしました。

まず所沢から空港連絡バスで羽田へ。待合室にいると、妙なアナウンスが流れました。私の搭乗する飛行機は、帯広空港天候不良のため、着陸出来ない場合は、新千歳に向かうか、羽田に引き返すとのこと。困りました。新千歳なら池田まで間に合う時間ですが(JRの運賃・料金はJALが負担)、羽田に戻ると意味がありません。搭乗中も、操縦士のアナウンスで同じことを言っていましたが、見事定時に帯広着。安心しました。空港から約40分で帯広駅着。でも、発車時刻表を見ると、こんな表示が…Pict0133

帯広駅の発車時刻表

上りがすべて特急です。さすが北海道ですね。帯広から池田まで、スーパーおおぞら3号に乗車。約10分の接続で、陸別行に乗車。北見まで140.0kmの長い旅が始まりました。Pict0141_1

池田駅の駅名標

陸別まで約2時間。お昼を過ぎても、高校生の姿が見えません。きっと、新学期に入ったからでしょう。車内は、地元の人とマニアの人ではっきりと区別出来ます。陸別に着くと折り返し池田行きになって行ってしまいました。困ったのは、次の快速銀河まで2時間半も待たなければいけません。しかも駅周辺は食べ物屋もなく、あるのは郵便局のみ。記念に旅行貯金をしておきました。Pict0150_1

陸別駅の時刻表

これじゃ、廃止も仕方ないのでしょうか。

やっと、快速銀河が到着。でも、CR70型ディーゼルカー1両のみです。しかも、帯広から来ているので、車内は超満員。置戸で途中下車することにしました。

Pict0157_1 快速 銀河号(置戸)

困ったのが、この快速の発車する時間にきっぷ売場が、閉まってしまいました。入場券が買えなくなってしまいました。陸別で入場券と、記念のDVDを買ったのはいいのですが、こんな時間に窓口が閉まるとは、考えても見ませんでした。次の北見行まで1時間近くあるので、駅舎内を見ると、いろんな人が惜別のメッセージを書いているポスターを見かけました。これは、置戸町商工会の企画らしく、廃止後も保存するとのことです。さて、次の北見行は、ここで池田行(最終列車)と切り離しをします。運が良く、CR75型が来てくれました。松本零士氏デザインの車両です。Pict0162

池田行(最終列車)

乗車は出来ませんでしたが、出会えただけでラッキーでした。置戸からは高校生が乗車。賑やかな声が車内に響きます。ほどなくして、北見着。6時間かけた鉄路の旅が終わりました。Pict0164

北見駅の駅名標

駅舎側のJRのホームには、札幌行の最終、オホーツク8号に乗る人でいっぱいでした。先月18日のJRダイヤ改正で、夜行で運転されたオホーツクは、流氷シーズンのみの運転となりました。なので、この列車に乗らないと、札幌まで帰れなくなります。私はこの列車を見送ってホテルに入りました。

翌13日。女満別空港行の連絡バスが出る前に、北海道ちほく高原鉄道の本社を訪れました。話を聞くと、20日の廃止以後も2年間は、残務処理などで本社は残るそうです。そして私は、北海道とお別れしました。

約18年の間、本当にお疲れ様でした。21日からは、陸別を起点として、陸別-北見間は北見バス、陸別-池田間は十勝バスでの運行となるそうです。鉄道がなくなるのは本当に寂しいですね。でも、陸別商工会では、鉄道の廃止以後も、陸別-川上間(9.8km)での動態保存を考案中とのことです。詳しくは、陸別商工会までどうぞ。以上、廃止一週間前のレポートでした。

|

« ブログ始めて一周年 | トップページ | 日光・鬼怒川を訪ねて… »

コメント

池北線の乗り鉄お疲れ様でした。私も先月乗ってきました。乗った感想しては「勿体無い」の一言でしょうか。比較的平坦で地形が良いところを走っているのに、札幌からの直通特急や貨物列車が走っていないのが「勿体無い」。JR北海道のキハ40なんぞよりずっと綺麗な車両が廃止後、一部廃車になってしまうのが「勿体無い」。そして、陸別、足寄駅をはじめ、瀟洒で立派な駅舎が沢山あるのに駅舎として使われなくなるのが「勿体無い」。とは言え過疎化の進む沿線を走りながら「よくぞ10数年持ちこたえたな」とも思ったりしますね。廃止寸前(つまり今現在)は経費(人件費)を極端に切り詰めていたので、かなりの時間駅の窓口が閉まっている状況だったようです。お陰でミッチーさんと同様、私も購入したいお土産を買えませんでした。

投稿: あしがら&さがみ | 2006年4月16日 (日) 21時20分

>あしがら&さがみさん
コメントありがとうございます。陸別で掃除をしていたおばさんに話を聞いても、「廃止は残念」と言っていました。陸別は「道の駅」に指定されているのですが、問題は置戸でしょうか。何に使われるのかは解りませんが、バス転換になっても、何だかの設備で使われるのでしょう。廃止まであと1日。無事に運行を終えて欲しいと思います。

投稿: ミッチー | 2006年4月19日 (水) 09時11分

 北海道遠征お疲れ様でした。そして1周年おめでとうございます。
 そうですね。無くなったんですよね。まだ実感が沸きません。
 せっかくのきれいな車輌、それに雄大な景色を望める車窓・・・
あし・さがさんのコメントにもありましたが、本当に勿体ない、惜しいものを失った気がします。
 ちなみに陸別駅の時刻表、JRの某S本線の日本一の高さを誇るトレッスル橋で有名な某A駅の時刻表といい勝負です。使う人には厳しいダイヤですよね。

投稿: 痛勤形酷電 | 2006年4月23日 (日) 15時22分

はじめまして。
陸別は郵便局の隣においしい蕎麦屋があったと思います。豚丼もうまいとか。。。時間外だったんでしょうかねぇ。。
ttp://0155.jp/butadon/shop52.htm

私も昨年末にお別れ乗車した際に陸別の道の駅の上に泊まりましたが、クリスマスイブの3連休というのに3組くらいしか泊まっていない有様でした。
複雑な思いですけど、これでは廃止されても止むなしといったところでしょうか。。
大きな駅のほとんどが廃止後に備えた(?)公共施設的な作りにしてあるのも、なんともやるせない感じです。。(純粋に立派な駅舎は小利別くらいでしょうか)

投稿: R-14 | 2006年4月24日 (月) 15時00分

>痛勤形酷電さん
こんにちは。コメント遅くなりました事をお詫びいたします。廃止翌日のNHKの朝のニュースを見ましたが、バス通勤・通学だと大変そうな様子でした。これから夏に向かうので大丈夫だと思いますが、誰も言っていたのが冬の運行。陸別などは、-30℃にもいってしまうので、大変でしょうね。どうなるのか心配です。

>R-14さん
初めまして。コメント遅れてしまって申し訳ありません。陸別といい、置戸といい、公共の設備を兼ねても良かったのでしょうか? 陸別の宿、何の為に作ったのかは、私には疑問に感じます。どうせ立派な駅を作るなら、公共施設を併設して(町役場など)、ちょっとした買い物が出来る町作りをしても良かったのでしょうか?廃止が残念です。

投稿: ミッチー | 2006年5月11日 (木) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99378/9581818

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ちほく高原鉄道に乗る:

« ブログ始めて一周年 | トップページ | 日光・鬼怒川を訪ねて… »