« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

2006 軽井沢の夏

今日で今年の夏も終わり。ってことで、軽井沢に行って来ました。昨年は行かなかったので、2年振りになります。

10時前に軽井沢駅に着いた私は、ゆっくりと歩いて行きました。駅前も何も変わっていませんでした。変わっていたのは、人が予想通りより少なかったこと。どこの駐車場も空いていました。とりあえず、万平ホテルに向かうことにしました。その途中に、ホテル音羽ノ森があります。岡田有希子さんのCMで使ったホテルです。小さいチャペルでは、挙式が行われていました。軽井沢駅から30分程で、万平ホテルに到着。ティータイムです。Pict0501

万平ホテルの入口

早く着いた為に、時間待ちはしませんでした。とりあえず紅茶を頼みました。半袖では寒かったので、温かい飲み物はありがたいです。

ここから旧軽銀座までは10分程。11時を過ぎたというのに、予想より人がいませんでした。

Pict0504 旧軽銀座

丁度お昼になったので、ランチタイム。軽井沢という場所は、素人まがいの人が料理を作っている人が多いので、慎重に選びました。カレーライスなら大丈夫だと思い注文。正解でした。普通においしかったです。て、デザートは? いつも食べているミカドコーヒーのモカソフトを賞味。Pict0503

ミカドコーヒーのお店

値段は違いますが、いつも2階のテラスで食べています。これでもう、13時。今回は、何も買う物がないので、予定の新幹線より早い列車で、軽井沢を離れましたが、とても充実した半日でした。明日からは9月。忙しい日々が続きますが、何とか乗り切れるでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

千葉の鉄道に乗る(南部編)

28日(月)、今度は千葉南部のローカル線、小湊鉄道といすみ鉄道に乗りました。本当は、前日の27日に新宿さざなみで行く予定でしたが、大寝坊。お昼まで寝てしまいました。ただ、ホリデーパスは31日までの平日も発売しているので、気を取り直して行きました。もちろん今度は、デジカメも忘れずに…

五井から、小湊鉄道に乗りました。乗り換え階段を渡っていくと、便利な切符の紹介が貼っていました。そのなかの、「房総横断記念乗車券」を購入。この切符は片道で、途中下車もできます。これで、1,600円。普通に買うと、1,990円。割引率が高いです。五井で時間があったので、車庫を撮影。Pict0481

五井の車庫

一番左の車両は、解体されずに留置されているのでしょうか。2両編成で発車。車掌は、中年の女性車掌でした。沿線は、のどかな風景がいつまでも続き、ローカル線ムードたっぷりです。1時間で上総中野に到着。今度は、いすみ鉄道に乗車です。この路線は、JRから引き継いだ第三セクターです。Pict0491

いすみ鉄道の車両(上総中野)

残念ながら、両者の線路は繋がっていません。仕方のないことですが… この黄色い車体は、菜の花をイメージしているそうです。ここでアクシデントが… 私のお腹が痛くなってきました。朝から冷たい飲み物を飲んでいたからでしょう。車内はトイレもなく、困りました。千葉まで我慢することになりました。大原に着き、すぐの連絡で千葉行に乗車。千葉南部では、まだ113系が大活躍です。Pict0495

113系(大原)

何かあったときの為に、トイレ付きの車両に乗りました。でも、どんどん乗客が増えてきて、移動が困難になってきました。千葉に着き、東京までグリーン車に乗ることにしました。ここで用を済ませ、お昼のお弁当に。温かいお茶が売ってあり、それがとてもありがたかったです。Pict0496

28日、お昼のお弁当

東京に着き、まだ帰宅には早いので、羽田空港に行くことにしました。ホリデーパスは東京モノレールも使えるので、助かります。丁度14時発の快速に乗車。天王洲アイルに停車した後は、羽田空港第1ビルまでノンストップ。かなりのスピードで走っていました。羽田空港第2ビルに到着。初めての場所なので、見学をしようと思いましたが、丁度所沢行のバスが来るみたいなので、見学は次回にして、バスに乗りました。バスは西武バスの担当便。地元に帰った気分です。東所沢で下車。新秋津で早めの夕食を済ませ、今回の旅は終わりました。千葉の鉄道はまだ、北東部の銚子電鉄が久しぶりに乗車していないので、機会を見て行きたいと思いますが、銚子まで遠いので、往復特急になると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

千葉の鉄道に乗る(北西部編)

普段、時刻表の関東の鉄道地図を見ていると、結構乗車していない路線がありました。特に南部、神奈川県、埼玉県、千葉県、特に千葉県の路線がかなり残っていました。と、言うことで今回は、千葉県の鉄道を乗ることにしました。2回に分けてレポートします。まずは、北西部編です。

8月1日(火)、始発バスに乗り、8時前に京成船橋駅に到着しました。ここは渋滞が激しく、立体交差事業で上り線のみ開通しています。でも、何度でもテレビで紹介されていますが、京成成田方面からの上りの通勤客が、JR船橋駅に流出しています。至近距離に駅が3つあるので(JR船橋、東武船橋、京成船橋)、仕方のないことでしょうか? 私は下り線に乗り、京成千葉線・千原線の接続駅、京成津田沼に向かいました。そうすると今度は、京成千葉に向かう通勤客で混雑。千葉市内に向かう通勤客でしょう。将来は、新京成電鉄からの乗り入れも予定しているので、どう変わって行くのでしょうか。さすがに千葉中央を過ぎると、田園地帯に入りのどかな風景に。終点のちはら台は、これからの開発地みたいで、何もありません。ここで気づいたのですが、バックにデジカメがありません。自宅に置き忘れたみたいです。皆さんも忘れ物には注意しましょう。

京成千葉に戻り、千葉都市モノレール1号線に。ここ、特に1号線は本数が少なく、1本逃すと30分近く待たされます。一端千葉みなとに戻りましたが、すぐに発車ベル。この発車ベルが、県庁前行の電車でした。さすがに下を見下ろすと怖いです。千葉に戻り、ベックスでやっと朝食。成田に向かいました。通勤ラッシュも終わり、車内も一段落です。成田に着き、京成成田に向かったのですが、駅が見えません。地元の人に聞いたら、変な道に入っていました。ここからは、東成田を通り、芝山鉄道へ。東成田を過ぎると、1人警官が同乗。緊張が走ります。でも、芝山千代田に着いたら、警官も乗務員も消えてしまいました。芝山鉄道は、パスネットが使えない路線です。私は、京成成田から乗車券を買っていたので、切符は自動改札に。しばらく発車しないので、ホームからは色々な航空会社の飛行機が見えます。

折り返し、京成成田に。着いたら、成田空港行が停まっていましたが、発車。20分おきに走っているので、駅ナカのパン屋さんで早い昼食。成田空港に向かいました。降りると、セキュリティエリアへ。JRへの乗り継ぎと言っても、「身分証明書を見せてください」とのこと。でも、昔の検問に比べて、全員が女性警官。暇な時期とあって、何だかほっとする空間でしたが、成田空港へ行く際は、身分証明書を忘れずに持参しましょう。

帰りは一気に成田エクスプレスで池袋に向かいました。253系200番台の車両に当たりました。この車両は、4年前の日韓共催のW杯に増備された6両編成の車両で、2編成しかありません。しかもシートは、普通車の座席が集団見合い式ではなく、すべての座席が、転換式リクライニングシートになっています。ラッキーでした。千葉で、快速エアポート成田を抜かし、市川でも快速を抜かし、池袋には14時前に到着。今回の旅が終わりました。

今回は千葉県北西部を旅しましたが、まだ千葉県には、乗車してない鉄道があります。次回は、それを紹介できればいいと思っています。もちろん、デジカメも忘れずに…

文章ばかりのレポートで、申し訳ありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

ユッコの誕生日に…

今日、8月22日は、岡田有希子さんの誕生日。私も名古屋へ行って来ました。但し、お墓参りには行きませんでした。

前日の高速バスで所沢を発ち、6時ちょっと過ぎに、名鉄バスセンターに着きました。ふと外を見ると、ムーンライトながらがやってきました。ほどほどの混雑でした。名鉄名古屋から桜に移動。記念の切符を買って、いつものデニーズに向かいました。外を眺めていると、さすが名古屋。車通勤が多いです。食事後金山に出て、地下鉄で日車夢工房のある栄に向かいました。N700系のプラレールを買い、中日ビル内の山本屋本店の味噌煮込みうどんを堪能。久しぶりだったので、感動しました。その後、矢場町で天むすを買い、有希子さんの自宅前の喫茶店でかき氷を食べました。その後、彼女の生誕地、尾張一宮に向かいました。そして名古屋に戻り、帰京しました。今回は、半日で巡った名古屋ですが、今度は、ゆっくりしたいと思います。しかし奇跡だったのは、気温が上がらなかったこと。新聞を見ても名古屋は、35℃になる日がこれからも多い見たいです。きっと彼女が、私のことを見ていて守ってくれたと信じています。

Happy Birthday ユッコ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

関西旅行

10日から12日まで、関西に行ってきました。

10日の銀河で東京を出発。その前に、いつもお世話になっている「TOMOの鉄日誌」の管理人、TOMO氏と合流。同じ2号車の3列離れた場所に彼はいました。久しぶりの開放B寝台だったので良く眠れず、寝たり起きたりの繰り返し。米原で完全に目が覚めました。と、良く見ると、TOMO氏以外に知っている人を見つけました。今年の2月まで、NPO法人 日本鉄道模型会の会長を務めていた、吉村光夫氏(ロンちゃん)でした。新大阪で下車。関西在住の、痛勤形酷電氏と合流。そして、私を歓迎するように、JR西日本の最新鋭車両、321系がやってきました。Pict0441_1

321系(新大阪)

でも、この車両の導入で、撤退する車両もいます。201系と、205系です。

Pict0438_2 201系(新大阪)

大阪駅で朝食ののち、二人は、EF65レインボー色牽引の甲子園臨を撮影するために一時お別れ。私だけ、国際鉄道模型コンベンションの会場の最寄り駅、中ふ頭に向かいました。

見学後、大阪環状線の車両を撮影することになり、桃谷に向かいました。到着すると、TOMO氏の携帯の充電が切れてしまい、充電のため、隣の鶴橋に向かいました。と同時に、103系のトップナンバー、クハ103-1の編成がやって来ました。Pict0455

クハ103-1(鶴橋)

JR東日本では、今年の3月のダイヤ改正で、103系は撤退したので、103系のトップナンバーは貴重です。TOMO氏も戻ってきて、この編成が戻ってくるのかと思ったら、全く戻ってきません。痛勤形酷電氏のパソコンで調べたら、一端JR難波まで行き、17時発の区間快速奈良行まで運用がないということが判明。暫く桃谷で撮影してから、新今宮に向かいました。新今宮でもいい収穫がありました。Pict0470

223系(新今宮)Pict0472

103系 ウグイス色(新今宮)

Pict0473 221系同士の並び(新今宮)

そしてお目当ての、クハ103-1編成の区間快速 奈良行が来ました。

Pict0476 クハ103-1(新今宮)

Pict0475 JR西日本では、103系はまだ健在です。

撮影後は、大阪駅近くで懇親会。翌日、帰京しました。

今回の旅行で、とてもいい収穫を得ることが出来ました。いい旅行でした。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年8月18日 (金)

第7回鉄道模型コンベンション大阪

先週の11日から13日まで、国際鉄道模型コンベンション大阪が開催され、私も11日に行ってきました。今年からは、東京と大阪の隔年開催となり、大阪では初めての参加となります。11日の朝、銀河で大阪に着いた私は、会場となるインテックス大阪に向かいました。会場への最寄りの駅、中ふ頭に着きましたが、看板とかもなし。会場に着けるか不安でしたが、人の流れに沿って行くことが出来ました。開場の時間前に今回の限定品、TOMIXのコンテナと、JR西日本商事のDE10(嵯峨野観光鉄道)の整理券をもらい、会場に入りました。入ったのはいいですが、会場が広すぎて、冷房が効きません。そこの所をもう少し考えて欲しかったです。では、今回私が気にしている予定品の紹介です。

Pict0452 TOMIXブースからは、485系、スーパー雷鳥のセットです。HG仕様となり、なかなか細かい点に気を使っています(9月発売予定)

Pict0445 KATOブースからは、E531系です。パンタグラフの周りの碍子などなかなか細かく再現されています。常磐線中距離電車にもグリーン車が連結される事が決まりましたが、この製品は、今走っている現行の編成です(9月発売予定)

Pict0450 マイクロエースブースでは、まず、小田急SE車、SSE車を展示。最近、他のメーカーに負けない位に製品が良くなっている会社なので、今後が楽しみです(9月発売予定)

Pict0446 キハ71系、ゆふいんの森です。上が登場時のもの、下が改造後です。キハ71系では、TOMIXでも模型化をするので、どちらがいいのか期待が持てます(11月発売予定)

Pict0447 最後に私が一番気にしているもの、満鉄パシナ号です。どのような列車だったのか、想像がつきませんから、その点、余計に楽しみが増してきます(12月発売予定)

ここで、アクシデントが… JR西日本商事の整理券を紛失していることが判明。ブースに行ってみても、整理券が必要との事。でも13時から、余っている分を発売してくれたので、購入することが出来ました。ここで会場を後にしました。

大阪での滞在記は、後日掲載いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »