« 花粉の季節… | トップページ | 東京メトロ10000系に乗る »

2007年3月31日 (土)

20年前の今日

20年前の今日、国鉄がなくなったのは皆さんご存じですよね? 20年前のその日の私は、寝台特急「あさかぜ1号」(博多行)に乗車しました。乗車前に東京駅で、「旅立ちJR九州号」を撮影しようと思っても、想像以上の人で無理でした。それを追いかけるかのように、「あさかぜ1号」は、博多を目指して走っていました。車掌も、東京駅発後のアナウンスで、「本日、国鉄最後の列車です」と話していました。食堂車もかなりの盛況でした。私は、最後部の14号車にいたので、国鉄からJRに変わる時を最後部で眺めていました。変わったのは、当時の岐阜貨物ターミナル駅付近。カウントダウンをし、JR発足を祝いました。車掌は下関車掌区の人でしたが、交代をする下関まで、JRになった決意をアナウンスしていました。博多到着後、熊本に寄り、西鹿児島(現・鹿児島中央)まで向かい、夜行列車の「かいもん」でまた博多に戻ったのを覚えています。485系に張られた赤いJRマークも新鮮でした。

あれから明日で、JR発足20周年。車両も人も変わりました。これからもどんどん変わっていくかもしれませんが、鉄道業として、安全・正確に人を運んでいってもらいたいものです。10年後のJRはどうなっているのかが楽しみです。

#皆様へお知らせがあります

PCの不調により、一昨日、Windors Vistaを購入しました。明日から、2007年度がスタートします。これからは、鉄道も含めて、いろんな分野でブログを続けていきたいと思っています。こぼれ話もあると思います。できるだけ更新回数を増やしていきたいと思っていますので、皆様宜しくお願いいたします。

|

« 花粉の季節… | トップページ | 東京メトロ10000系に乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99378/14469993

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前の今日:

« 花粉の季節… | トップページ | 東京メトロ10000系に乗る »