« 真冬の北海道へ… | トップページ | 惜別! 銀河号に乗る »

2008年2月14日 (木)

さっぽろ雪まつりと流氷観光

11日(月)から1泊2日で、北海道に行ってきました。目的は、さっぽろ雪まつりと網走の流氷観光。と、言っても、今回の旅行は飛行機がついていませんでした。

お昼丁度のJAL523便(新千歳行)に搭乗するために、所沢を8時20分発の空港連絡バスで出発。羽田空港まで2時間かかるのですが、休みということもあり、羽田空港(第一)に着いたのが、9時25分。大幅な早着でした。航空券を買い、保安検査場へ。またひっかかるのかな? と思ったら案の定。全身を調べられるハメに。そして、搭乗口へ。そうしたら、妙な案内放送が… 新千歳空港が降雪のため、滑走路が閉鎖されているとのこと。搭乗便も、着陸出来なければ、羽田に引き返すとの条件飛行で、30分の延発でした。無事新千歳に着き、駅に急ぎました。次の快速エアポートが、旭川行(札幌から「スーパーカムイ」)の列車でした。でも、指定席は売り切れ。次の小樽行のエアポートに乗車しました。まだ、旭川行のエアポート143号が止まっているので見たら、789系1000番台でした。Rimg0017

エアポート143号(新千歳空港)

乗車したかったのですが、自由席も満席。残念ながら見送ることに。でも、見られただけでラッキーでした。是非、次回は乗車したいです。

私が乗った、エアポート145号は、昨年の10月改正からでしょうか? 自動の車内放送が、男性の声に変わっていました。南千歳で、トワイライトエクスプレスと出会い、札幌に着いたのが、15時10分でした。先頭車を見たら、快速表示の下に、英語が表記されていました。普通列車も同様でした。これも、昨年の10月改正からでしょうか?Rimg0018

エアポート145号(札幌)

時間が時間だけに、大通公園までゆっくり歩きました。約20分で大通会場に到着。大きな雪像が、歓迎してくれました(なお雪像は、「マイフォト」に納めましたので、ご覧下さい)

無事雪まつりも終わり、臨時特急「オホーツク81号」で、網走に着きました。9時30分発の船を予約してあったので、網走駅前発9時発の連絡バスで乗り場に行ったのですが、何と今年も流氷がなく、能取岬までの観光船として運行。2年連続流氷に振られました。乗船後は網走駅に戻り、釧網本線北浜駅の「停車場」に行くのですが、火曜日は定休日。仕方なく、女満別空港に行き、早めの昼食にしました。所がこれからです。降っていなかった雪がひどくなり、私の搭乗予定の、JAL1186便(15時15分発)は、滑走路閉鎖のため、16時30分発に変更。でも無事に、羽田空港に着き、所沢行の空港連絡バスに乗り、自宅に戻りました。

今年の雪まつりは、最終日まで綺麗な姿を保っていたので、楽しめました。「来年も行きたいな…」という思いでした。

|

« 真冬の北海道へ… | トップページ | 惜別! 銀河号に乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99378/40119187

この記事へのトラックバック一覧です: さっぽろ雪まつりと流氷観光:

« 真冬の北海道へ… | トップページ | 惜別! 銀河号に乗る »