« デジカメのない旅 軽井沢編 | トップページ | 広島・宮島・錦帯橋 »

2008年5月22日 (木)

はやぶさ号に乗る

12日(月)から、4泊5日で広島へ行って来ました。なおその1泊を、来年のダイヤ改正で消える(予定)の「はやぶさ」で熊本まで過ごしました。そのレポートです。

発車の約40分前に東京駅に入線。しかし、ドアは開きません。機関車の付け替え作業がその理由だそうです。Rimg0086

機関車切り離し(東京)

下関まで長い牽引です。

車内販売は当然無く、大量に食料を持ち込みました。Rimg0092_2

これだけ積み込みました(笑)

定時に東京を離れ、品川付近で、ひかり383号に抜かされました。22時半前には、岡山に着くのですね。こちらはのんびり行きましょう。検札が終わり、車掌氏に話を聞くと、「GWを過ぎて、乗車率も前と同じく、寂しいもの」と語ってくれました。

静岡に、20時35分着。「おやすみ放送」が流れました。時間が早い気がしますが、次の浜松着が21時28分発なので、ここで良いのでしょう。私は個室に乗っていたので、半分しか状況が解りませんでしたが、通路側の電気は半減されていました。浜松・豊橋と止まり、名古屋に22時45分に着きました。ここで私もお休み、っと思っても良く眠れません。空調が良く効かないのです。国鉄型車両なので仕方ありませんが…

大阪に1時06分着。ここで、何人か乗客が乗って来ました。3月に廃止された「なは・あかつき」の代わりなのでしょうか?

私は結局少しずつ眠り、姫路・岡山と進み、広島に5時21分に着きました。6時には「おはよう放送」が流れ、ワゴンによる車内販売も始まり、朝が始まりました。でも、新幹線には勝てず、途中で、新大阪始発のひかり441号(レールスター)に抜かされました。

8時32分に下関着。ここでEF66ともお別れ。EF81とED76にバトンタッチ。門司では、一緒に走っていた、富士を切り離し、熊本へ向かいます。博多に10時10分着。新幹線ホームを見ると、同着の、名古屋を6時50分発ののぞみ59号(N700系)が滑り込みました。名古屋始発ののぞみ57号はもう博多着。あと30分経つと、東京からののぞみも到着。「これでは、廃止されても仕方ない」と思いました。

博多を過ぎると、目立った所に九州新幹線の柱が見えてきます。3年後の春には全通予定とのこと。そして、11時49分に定時で熊本に到着しました。降車する前に隣の1号車を見ましたが、東京から全く乗客はありませんでした。寂しいです。Rimg0099

熊本着

乗客が降りた後、急いだ様に車両基地へ移動されて行きました。

私は1時間後のリレーつばめ8号と、ひかり468号(レールスター)で、広島に夕方前に到着しました。さすがに新幹線は速いです。

廃止までまだ長いですが、頑張って欲しいです。機会があれば、富士にも乗車したいです。

|

« デジカメのない旅 軽井沢編 | トップページ | 広島・宮島・錦帯橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99378/41286853

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ号に乗る:

« デジカメのない旅 軽井沢編 | トップページ | 広島・宮島・錦帯橋 »