« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

東京←→鹿児島 1泊2日の旅

話が前後して恐縮ですが、先月の終わり、鹿児島に行って来ました。中旬から風邪にかかり、誘われていた鉄道模型運転会を断り(申し訳ありません!)、風邪が治った月末、旅行前日に切符の手配とホテルの予約をして、旅行に臨みました。

まず、東京駅からいつもの、のぞみ1号で出発。博多まで約5時間の旅です。今回の旅行では、車内販売のコーヒーを飲み干すということも考えました。結果は、後程。

無事博多に着き、リレーつばめ11号に乗るには時間があるので、ここで昼食。2年前の春、デビューSUGOCAを買った時にお世話になった、博多ラーメン店に入店しました。と言うのも、来年の3月12日を過ぎると、「きっと博多も素通りかも…」という考えがあったからです。食後、駅構内を観察。リニューアルが完成していました。ただ、改札口から駅構内に入るのに、バリアフリー工事がされていませんでした。それは、今後の課題でしょうか… ホームに上がったら、狭くなったこと。新幹線のホームを片面増やしたせいでしょうか。

そして、リレーつばめ11号が入線。来年のダイヤ改正後、787系は宮崎に転属され、485系を置き換えるとの、JR九州の社長の話もあったので、カメラに写真をかなり残しておきました。そして発車。私は、DXグリーンを予約しておきました。リレーつばめは鳥栖まで止まらないので、かなりのスピードを出していました。所が、座席の下は台車なので、かなり揺れること。DXグリーンの乗車は失敗でした。グリーン車限定の飲み物サービスも、今年の初めに打ち切られたというので、コーヒーを頼みました。JR九州のコーヒーは、豆にこだわりがあるようで、との車内アナウンスでした。購入すると、来年2月まで使える、コーヒー割引券(200円引き)も頂き、今回のコーヒー対決は、JR九州に軍配が上がりました。

無事新八代に着き、つばめ11号へと乗り換えです。ここでいつも不思議なのが、よく3分で乗り継げるということ。いくら同一ホームの乗り継ぎでも不思議です。車内を見ると、中央の天井に車内案内装置が取り付けてあり、開業時になかった車内販売もありました。そして、14時34分、鹿児島中央着。東京から乗り換え時間を含め、8時間34分の片道の旅でした。

駅を見渡すと、西口の工事やおみやげ屋さんの改装も終了しており、沢山の人で混雑していました。私も鹿児島ラーメンを食べた後、沢山のお土産を買いました。そして、西口に去年オープンした「東横イン鹿児島中央駅西口」にチェックインしました。その前に見た、新装になったフレスタ鹿児島(23時まで営業)や新幹線の高架下を使ったビックカメラには驚きました。自宅を午前3時半に出てきたので、丸半日の行程が終了しました。少し休み、駅前のコンビニでおでんとお酒を買い、就寝しました。

帰路は、つばめ2号、リレーつばめ2号、のぞみ28号と乗り継ぎ、東京に帰京しました。約8時間の旅でした。

これで、1泊2日の鹿児島往復も終了。来年の予定は、3月12日ダイヤ改正初日のさくらのグリーン車に乗り(新大阪まではのぞみ)、鹿児島中央へ向かいたいと考えています。多分、新大阪での乗り換え時間も考慮しても、約7時間で鹿児島中央に着くでしょう。今から楽しみです。でも、果たして指定券が取れるでしょうか? それだけが不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

電車でGO! をプレイすると…

自宅のテレビが全室、地デジ対応の薄型テレビに変わったのを機に、久しぶりにゲームがしたくなりました。とりあえず、あるものを取り出してみたら、ホコリだらけ。「電車でGO! 九州新幹線」と「旅情編」をプレイしました。

まず、九州新幹線から。途中、川内停車をプレイ。したのはいいですが、勾配の激しいルートなので、スピードの加減が難しかったです。それでも、新水俣、出水とも30秒の早着で通過。何とか順調に思えましたが、川内停車の車内アナウンスが始まると、緊張が… 急にブレーキをかけなくてはいけないので、一苦労。結局、停車位置をオーバーラーン。15秒の減点が加えられましたが、1分以上の停車で発車。次は鹿児島中央。きっちりと決めたい所でしたが、これも、ブレーキの加減に一苦労。結局、ここもオーバーラーン。終点とありながら、残念ですが、運転中止となってしまいました。

ゲームではこれでも済まされますが、実際の運転手は大変でしょうね。

続いて旅情編。これは、新幹線と違って路面電車の運転です。専用のコントローラーも見つかり、伊予鉄道と函館市交通局をプレイしました。でも、プレイしたのは入門編。これは、加速とも減速とも難しく、交通標識も守らなくてはいけないので、一苦労。乗降ドアの開け閉めや、車内アナウンスのボタンも押さなくてはいけないので、神経を使いました。短い区間でしたが、乗務終了。ほっとしました。

両方に言える事ですが、何回もプレイをして、腕を磨かなければいけませんね。次回は、上手くいくといいのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »